スポンサードリンク

ティプトロニックS

5速ティプトロニックS仕様車


通常のオートマチックトランスミッションの機能にマニュアル操作

によるシフトチェンジの機能を組み合わせた、多彩な能力をもつシ

ステムです。マニュアル操作によるシフトチェンジは、セレクター

レバーをMのポジションにセットし、ステアリングホイールのロッカ

ースイッチを押すだけです。上のボタンを押せばシフトアップ、下

のボタンを押せばシフトダウンします。わずか約0.2秒でシフトチェ

ンジは行われ、駆動力が途切れることもありません。


リアスポイラーは時速120キロを超えると自動的に浮き上がりダウン

フォースを発生させ、時速80キロを下回ると自動的に格納されます。



運転席にあるボタンを操作することにより、マニュアルで上下させる

ことも可能です。


安全装備として運転席エアバック、助手席エアバッグ、サイドエアバ

ッグ、ABS、サイドインパクトバー、ポルシェ・スタビリティ・マネー

ジメントシステム/PSM等を装備。






最高速度 267 km/h

0 - 100 km/h 加速 6.1 秒

フレキシビリティ (80 - 120 km/h) 6.3 秒


タイヤ前 235/40 ZR 18
タイヤ後 265/40 ZR 18

エンジンは水平対向6気筒24バルブ

最高出力 295ps(217kw)/6250rpm

最大トルク 34.7kg・m(340nm)/4400〜6000rpm

タンク容量/64リットル

燃料消費率 7.9km/リットル

使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

最小回転半径 5.2m

2シーター・スポーツカー

ケイマン実はこのモデル、96年に登場した2人乗りオープン・スポーツ

カー「ボクスター」の屋根付きバージョンである。確かにリアの造形

は大幅に変って魅力的になってはいるが、冷めた言い方をすると単な

る追加バージョンで、純粋なニューモデルとは言いがたい。



しかし「ケイマン」という全く新しい名前を付けたことや、あのポル

シェが出した久々のクローズドボディの本格2シーター・スポーツカー

であること、エンジンをボディの真ん中に置いた運動性能の高いミッ

ドシップカーということも手伝って、その存在はポルシェマニアのみ

ならず、内外のスポーツカーファンの心を強く揺り動かしている。



ポルシェ2シータースポーツクーペ ケイマンSピュアでダイレクトな

ドライビングエクスペリエンスは、ドライバーを魅了しポルシェの伝

統がみなぎります。



ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム/PSMは車両の姿勢

を安定させるドライバー支援システムです。

ポルシェデザイン エディション1

新しいモデルがポルシェ ケイマン に加わります。その名は「ケイマ

ン S ポルシェ デザインエディション 1」です。


ミッドシップエンジンの魅力的な限定仕様 2 シーター スポーツクー

ペは世界777 台限定、日本では15台限定です。



特別仕様車で最初に目に付くのは 911 ターボ由来の 19 インチホイー

ルで、光沢部とつや消し部を組み合わせたサーフェスです。技術面で

は、ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント(PASM)

を標準装備。ケイマンSと比較して10ミリ低くなった車高は、スポーツ

モードを選択することで、ダイナミックなドライビングを可能とし
た。

足下には19インチの911ターボホイール、フロントが235/35 ZR 19、リ

アが265/35 ZR 19のタイヤを装着している。


この車にふさわしいデザインの最後を締めくくるのは、クロームポリ

ッシュ処理された、内側がブラック仕上げのテールパイプです。

ポルシェ・ケイマンS

リヤのミッドシップに搭載されるエンジンは水平対抗6気筒の2.7リッ

ターと3.4リッターの2機種。911用と同様にバリオカム・プラスが採用

され、それぞれ180kW/273N・mと217kW/340N・mのパワー&トルクを発

生する。


3.4リッターは0-100km/h加速は5.4秒、最高速は275km/hに達するとい

う。

シャシーはスプリング、ダンパー、スタビライザーなどがボクスター

に比べて硬めに設定され、18インチタイヤと合わせて高い運動性能を

実現。


横滑り防止のPSMは高いアクティブセーフティを発揮する。


ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメントと呼ぶ電子制

御サスペンションも用意する。


オプションでセラミックブレーキも用意される。


2008年モデルではラインナップの変更は行われなかった。



07年モデルでケイマンSに加えてケイマンが追加設定され、名実ともに

ケイマンシリーズと呼べるようになっているからだ。

トランスミッションはボクスターと同様、ATが5速ティプトロニック

で、MTはケイマンSが6速、ケイマンが5速となる。全モデルで左右のハ

ンドル位置が選べる。


グレインレザーの本革シート、DVDカーナビ、BOSEサウンドシステムな

どがオプション設定されている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。